<< 新芽いっぱい 鶴岡八幡宮の倒れた大銀杏(産経新聞) | main | マニフェストの進捗でヒアリング―民主党研究会分科会(医療介護CBニュース) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<旅>沖縄 芭蕉布の里 良い織物は畑づくりから 人間国宝・平良敏子さん(毎日新聞)

 クーラーも扇風機もない昔、沖縄の人々はバショウ(芭蕉)という植物の繊維を織って仕立てた着物で暑さをしのいだ。「バショウ」は野や畑、海辺に自生している身近な植物で、実はバナナに近い種類。沖縄県出身の歌手、夏川りみさんの歌う民謡の「芭蕉布」を聞いたことがある人もいるかもしれない。

 各家庭で日常着にしていたほど身近な織物だったが、第二次世界大戦中にバショウの木が切り倒されて衰退。バショウを育てるところから反物にするまで一貫して生産しているのは、今では同県大宜味村喜如嘉(おおぎみむらきじょか)だけという。戦後、芭蕉布を復活させ、今も「保存会」の先頭に立っている同村の平良敏子さん(90)に制作現場を案内してもらった。平良さんは2000年、国の重要無形文化財(人間国宝)に認定された。

 喜如嘉を訪ねた日、工房では火鉢に鉄瓶がかかり、お湯が沸いていた。バショウから作る糸は、綿や絹のように強くない。乾燥に弱く、切れやすいため、昔は冬には織らなかったという。4、5人の女性が糸車を回したり、織り機に向かって、静かに作業を進めていた。県外の学生や、近所の女性たちが学びに来ている。

 芭蕉布は人手がかかる。自生のバショウは繊維が硬いため、畑に植えて、長さと太さがそろうように栽培し、3年後、切り倒して繊維を取る。最も多くの人手がいるのは、木を切り倒した後、糸にするまで。糸バショウの繊維を取り出す「苧引き(うーびき)」の作業には20人で3日かかる。同村の工房も、この日は県内の各地から卒業生が駆けつけ、大所帯になる。

 芭蕉布は、木の高さ分の長さの糸を、より合わせるのではなく「機結び」でつないで、着物や帯を織る長さにする。織り上がった布を透かし見ると、ところどころに結び目があるのが本物の証しだ。結び目は小さいほど、作り手の腕がいいという。平良さんは、説明しながら、手をすばやく動かして結び目を作り、「ほら」と引っ張ってみせた。指先に結び目をかけ、すれすれのところで端糸を切る。うまく結ばないと引っ張った時に解けてしまう。

 上質の布を織るには、糸の太さ、色、柔らかさをそろえなければならない。木から繊維を取り、指先で割いて糸を作りながら、繰り返し、色と硬さで分けていく。糸ができてから、織り上げるまでには約4カ月かかる。「柔らかい糸は横糸に、硬い糸は縦糸に。糸の選別は一番難しい。畑、季節、人によって違う。織るのは(全体の)100分の1でもない」と教えてくれた。

 平良さんは「糸と相談しながら、何を織るか決める」と話し、糸にふさわしいものを仕立てるために、10年間考えているという秘蔵の布を出し、いとおしそうに広げた。藍で染められ、昔ならもっとも格式が高い官服になるという濃紺の反物。向こう側が透けて見えるほど薄い。

 「これまでで満足した布は?」と聞くと、恥ずかしそうな笑顔で、生成りの生地に琉球藍の絣(かすり)模様の「クヮイヤー ハチジョーハチ」(和装仮仕立て)を挙げた。糸の色がそのまま出るため、地色が生成りの生地は難しいのだそうだ。平良さんは伝統的な絣模様だけでなく、セミや風車など、新しい意匠も織ってきた。同じ絣糸でも、少しずらすと違う模様ができるのではないか−−などと考えながら、新しい柄を考案してきた。

 芭蕉布は民藝(みんげい)運動の創始者、柳宗悦さんが高く評価したという。平良さんは「柳さんが芭蕉布は正直だと言っていた意味が、今になってよくわかる」と振り返る。木を育てて糸をつくり、織り上げるまで手を抜けるところがどこにもなく、どこかで手を抜くとすべてが台無しになるからだ。

 今では、織ることからは「引退」した平良さんだが、繊維を煮沸するときのあくの具合や、糸の向き不向きを判断するには、なくてはならない存在だ。良い繊維を取るために、畑の改良に頭を悩ませている。「昔は各家庭にバショウを植えていたので、糸がそろっていたが、村の人口が減り、昔のようにはいかない」と、平良さんの息子の妻、美恵子さんもため息をつく。

 工房には若い実習生もいて、後継者がいないわけではない。しかし、子供のころから糸の選別をしてきた平良さんのような指先の感覚を、大人になってから体得するのは困難だという。全国の百貨店を通じて、需要と供給のバランスは取れているものの、県内で本物の芭蕉布を扱う店は少ない。美恵子さんは「バショウから布を作るだけなら、続ける人はたぶんいるでしょう。でも、喜如嘉の芭蕉布の品質をいつまで保てるか」と懸念する。

 バショウを育てることから始まる、話に聞くだけでも気の遠くなるような手作業の連続。平良さんの根気に頭が下がると同時に、伝統文化を継ぐことの難しさを思った。【岡礼子】

 ◇メモ

 芭蕉布会館で、芭蕉布製品が展示されているほか、製造工程のビデオを見ることができる。開館は日曜、旧盆、年末年始を除き、夏(4〜10月)は午前10時〜午後5時30分、冬(11〜3月)は午前10時〜午後5時。

【関連ニュース】
【関連写真特集】芭蕉布の里 良い織物は畑づくりから
【写真特集】沖縄の旅 〜温泉 ガジュマル 世界遺産
旅:沖縄(その1) スパでリラックス 那覇市
旅:沖縄(その2)「港川人」を探しに 伝説の岩穴「ガンガラーの谷」へ
旅:沖縄(その3) 今も続く「拝み」の旅 「今帰仁上り」

国民生活センター理事長、応募33人全員が不合格(読売新聞)
「復活の成否は不撓不屈の一心」日航入社式(読売新聞)
「二十四の瞳映画村」に12匹のこいのぼり(産経新聞)
小学教科書検定 「“ゲット”って何?」気になる検定意見(産経新聞)
大島氏、首相の普天間発言を批判(産経新聞)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 01:41
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
債務整理・自己破産
アフィリエイト ホームページ
情報商材
ネットビジネス
債務整理
携帯ホームページ
借金整理
selected entries
archives
recent comment
  • <雑記帳>流しそうめん「全長2500メートル」成功…岐阜(毎日新聞)
    カナ (08/27)
  • <雑記帳>流しそうめん「全長2500メートル」成功…岐阜(毎日新聞)
    リンデル (01/14)
  • <雑記帳>流しそうめん「全長2500メートル」成功…岐阜(毎日新聞)
    カドルト (01/09)
  • <雑記帳>流しそうめん「全長2500メートル」成功…岐阜(毎日新聞)
    オリンキー (01/02)
  • <雑記帳>流しそうめん「全長2500メートル」成功…岐阜(毎日新聞)
    こういち (12/24)
  • <雑記帳>流しそうめん「全長2500メートル」成功…岐阜(毎日新聞)
    晶太郎 (12/19)
  • <雑記帳>流しそうめん「全長2500メートル」成功…岐阜(毎日新聞)
    きんちゃん (12/18)
  • <雑記帳>流しそうめん「全長2500メートル」成功…岐阜(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/05)
  • <雑記帳>流しそうめん「全長2500メートル」成功…岐阜(毎日新聞)
    機関棒 (11/27)
  • <雑記帳>流しそうめん「全長2500メートル」成功…岐阜(毎日新聞)
    しゅうじん (11/23)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM